対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続財産調査・相続人調査/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続 > 相続財産調査・相続人調査

相続財産調査・相続人調査

相続財産には、積極財産(現金や不動産等)と、消極財産(保証債務や借金等)の2種類があります。
両者を事前に調査しておかなければ、被相続人の持つ消極財産までもが、知らず知らずのうちに相続人に引き継がれる可能性があるのです。

 

上記のような事態を防ぐためには、相続財産の入念な調査が不可欠です。

 

まず、相続財産の調査には、戸籍謄本(被相続人の死亡を証明するもの、自身が相続人であることを証明するもの)・遺産や相続財産の資料・その他本人確認が可能な書類等があります。
一括で相続財産を調査することはできないので、被相続人の遺品(主に通帳や関係書類)を整理してからある程度の目星をつけて、該当しそうな信託銀行や証券会社を調査しましょう。虱潰しに金融機関を回ることは、効率が良くありません。
不動産と金融資産は価値が大きいので、できる限り優先して調査しましょう。

 

加えて、過払金請求権も相続人が相続することとなるので、弁護士事務所に相談し、その有無を確認することをお勧めします。

 

また、積極財産だけでなく消極財産の調査も不可欠です。
住宅ローンや借金等が消極財産の対象となるので、遺品の中に契約書や督促状があるか否かを調べます。信用情報機関に情報照会することで、借金が明らかになることもあります。この場合、相続人であることが公開の条件となるため、本人確認の必要書類を忘れないようにしましょう。

 

この他に、被相続人が借金の連帯保証人であった場合も、相続人がその地位を引き継ぐことになります。このことを調べるには、遺品の中から契約書を探し出し、信用情報機関に情報照会することが必要となります。

 

注意点として、相続開始を知った日から3か月以内に相続財産の調査を終わらせるようにしましょう。3か月を過ぎてしまうと、相続放棄といった手続きは取れなくなってしまいます。

 

次に、相続人を調査するには、相続人の範囲を絞り込んで確定することが一般的です。

 

まず、被相続人の除籍謄本や戸籍謄本の調査が必須となります。客観的に家族構成や相続人の証明を行うためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類を全て回収し、調べる必要があります、上記の謄本を遡り改製原戸籍謄本等を入手し、婚姻関係や子孫の有無を確認します。

 

子孫については、主に被相続人の子についての現在戸籍を入手し、被相続人が死亡したときに子が生存していたかどうかという点や代襲相続の有無を確認します。

 

そして、相続人となり得る人物の戸籍謄本もすべて入手し、相続人の範囲を確定します。

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 顧問弁護士の必要性やメリ...

    ⬛︎顧問弁護士とは顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んだ弁護士です。顧問契約を締結したお客様は弁護士に定期的に企業法務な...

  • 契約交渉・契約書のリーガ...

    ⬛︎契約交渉への立会い・代行契約交渉のサポートや代行は基本的な弁護士業務の一つです。弁護士が契約にどのように携わるかはお...

  • 在留資格の基礎知識と取得...

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留し...

  • 遺産分割協議書の作成

    基本的に、遺産分割協議書の書式自体に規則はありません。手書きでもワープロでも認められます。しかし、記載するにあたっての必...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

  • 足立区 企業法務のご相談...

    「コンプライアンス経営を実践していきたいが、何から取り組めばよいのか分からない。」「民法が改正されると聞いたが、現在使用...

  • 日本の永住権を取得するに...

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)...

  • ハラスメントとは

    職場におけるいじめや嫌がらせをハラスメントといいます。ハラスメントには、性的言動によるセクシュアル・ハラスメント(セクハ...

  • 外国人の採用・内定、受け...

    雇用の条件に合う外国人が見つかった場合、採用・内定に向けての準備をすることになります。しかし、ここでも注意しなければなら...

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ