対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

遺言の種類と作成方法/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続 > 遺言の種類と作成方法

遺言の種類と作成方法

遺言には、普通方式と特別方式の2種類があります。普通方式による遺言は、さらに3種類に分類できます。

 

・自筆証書遺言
自ら筆を執って遺言者が作成します。全文本人の手書きであることが求められ、機材を使用した場合は遺言書として認められません。
日付と名前の記入を忘れずにし、加えて実印(市区町村役場に登録したもの)での押印も必要となります。
訂正や封筒の作成の際に不備が起きやすいという難点もあり、注意が必要です。偽造の恐れがあるため、保管場所にも気を付けましょう。家庭裁判所に検認をしてもらうという手続きも忘れずに行いましょう。

 

・公正証書遺言
公証人に遺言者が依頼して作成します。遺言者が公証役場に赴き、遺言の作成時に2人以上の証人に立ち会ってもらう必要があります。遺言者・証人・公証人それぞれ、署名と実印の押印を求められ、遺言者はさらに印鑑証明書を提出することが必要となります。
この他に事前に必要となる書類については、不動産登記簿謄本、遺言者・相続人・受贈者の戸籍謄本と住民票、不動産の評価証明書等があります。
証人に関しては、遺言者の配偶者、直系血族、法定相続人、未成年者の選定が禁止とされています。また、公証人の配偶者や四親等内の親族、公証役場の人物等も証人にはなれません。
専門家に証人を依頼することが無難です。
自筆証書遺言とは違い、家庭裁判所の検認は不要で偽造の恐れもありません(公証役場・本人・証人等複数人が遺言書を補完するため)が、証人に遺言内容が知られるうえに自筆証書遺言よりも費用がかかりやすいという難点があります。
原本は公証役場で20年保管され、正本と謄本は遺言者に交付されます。また、公証役場に手数料を支払う必要もあります。

 

・秘密証書遺言
作成した遺言書に公証をしてもらう方法です。公証人のところまで2人以上の証人を同行させる必要があり、要件不備や保管(本人で保管する必要があるため)の面での不安要素があります。
代筆が可能で、手書きである必要もありませんが、家庭裁判所の検認は必要です。また、封書が必須となります。
上記で述べた普通方式の場合、遺言を書面に残すことが原則となります。財産について言及する場合は、より明確で詳細に述べるようにしましょう。

 

次に、特別方式についても2種類に分類できますが、どちらも特殊な場合の遺言です。

 

・危急時遺言
死が迫っているときに行われる遺言の形式です。病気や遭難といったときに用いられます。

 

・隔絶地遺言
一般からは隔離された環境にいる場合や連絡が取れない場合に用いられる遺言の形式です。

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 財産分与のポイント

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築き上げた財産を、離婚の際に分割するという制度です。離婚を目指したいとは思...

  • 外国人の採用・内定、受け...

    雇用の条件に合う外国人が見つかった場合、採用・内定に向けての準備をすることになります。しかし、ここでも注意しなければなら...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • 離婚の慰謝料請求(不貞行...

    「離婚によって心に深い傷を負ったため、慰謝料を請求したいと考えている」「相手の不倫による離婚の場合、慰謝料を請求すること...

  • 相続に関する悩みを弁護士...

    遺産相続は、遺産に不動産や価値のある動産がある場合をはじめとして、非常に遺族間での揉め事が発生しやすい事柄です。加えて、...

  • 婿養子の相続権について

    ■相続の基礎知識人が死亡すると、相続が発生します。相続の際には、故人を「被相続人」、故人の財産を相続する人たちを「相続人...

  • 遺産分割協議書の作成

    基本的に、遺産分割協議書の書式自体に規則はありません。手書きでもワープロでも認められます。しかし、記載するにあたっての必...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消...

  • オーバーステイをするとど...

    日本で生活する外国人は、在留資格を取得したうえで、その資格の目的の範囲内(出入国管理及び難民認定法(以下「法」)19条)...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ