対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

ハラスメントとは/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 企業法務 > ハラスメントとは

ハラスメントとは

職場におけるいじめや嫌がらせをハラスメントといいます。ハラスメントには、性的言動によるセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)、妊娠・出産に関わるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)、職務上の地位・権限を濫用して行うパワー・ハラスメント(パワハラ)などいくつかの形態があります。
他の分類方法として、性的要求を拒否したことにより給与を減額するなど雇用上の不利益を与えるような対価型のハラスメント、また人格攻撃などで職場環境を悪化させ、本人を追い詰めていくような環境型
ハラスメントの2つに大きく分けることもできます。

 

ハラスメントは例えば以下のような例があります。
・上司たる地位を利用して性的関係を迫る、拒否したことを理由に左遷させる
・卑猥な言葉をかける
・異性関係の噂を流し職場にいづらくする
・「おまえは馬鹿」など侮辱的な叱責・メールを送る
・上司の立場を利用して無理やり焼酎を一気飲みさせる
・部下に対して業務に関係ない使い走りを日常的に行う

 

ハラスメントに関する相談や労働紛争は近年増加傾向にあり、被害を受けた場合の対処はもちろん、ハラスメントを未然に防止する対策も重要といえます。
ハラスメントを受けた場合、法的には、不法行為責任や債務不履行責任を問い損害賠償請求をすることや、また暴力やわいせつ行為があった場合には刑事上の責任を問うことができます。

 

では、ハラスメントに関して企業にはどのような義務があるでしょうか。
まずは、男女雇用機械均等法では、事業主にハラスメント防止措置をとる義務が課されています。具体的には、セクハラ防止の周知・啓発を図ることや、相談に応じる体制の整備、被害者への事後対応などです。
さらに、育児介護休業法等では、妊娠・出産・介護休業等の取得による嫌がらせ(いわゆるマタハラ・パタハラ・ケアハラ)を防止するための措置を講じることが定められています。さらに2019年には、労働施策総合推進法改正によって、職場のパワー・ハラスメントについて定義したうえ、これを防止するための措置が義務付けられました。
企業が、このような義務に違反した結果、労働者がハラスメント被害に遭ってしまった場合には、企業に対しても損害賠償請求をすることができることもあります。

 

けんめい総合法律事務所は、ハラスメントに関する様々な相談・サポートを承っております。
ハラスメント被害でお悩みの方や、ハラスメント対策をお考えの企業は、けんめい総合法律事務所までご相談ください。

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 外国人雇用に関する悩みを...

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハ...

  • 日本の永住権を取得するに...

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)...

  • 足立区 企業法務のご相談...

    「コンプライアンス経営を実践していきたいが、何から取り組めばよいのか分からない。」「民法が改正されると聞いたが、現在使用...

  • 子どもの養育費・親権

    離婚をご検討中のご夫婦のうち、お子様をお持ちの方にとって特に気がかりなのが、「お子様の養育費」と「お子様の親権」に関する...

  • オーバーステイをするとど...

    日本で生活する外国人は、在留資格を取得したうえで、その資格の目的の範囲内(出入国管理及び難民認定法(以下「法」)19条)...

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ・法定相続分一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。この...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産には、積極財産(現金や不動産等)と、消極財産(保証債務や借金等)の2種類があります。両者を事前に調査しておかなけ...

  • 消費者対応・クレームとは

    ⬛︎消費者問題の難しさ企業は一般の消費者に比べて多くの知識や強い交渉力を持っていることから消費者を保護するために消費者保...

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ