対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続時精算課税制度 とは/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続時精算課税制度 とは

相続時精算課税制度 とは

  • 外国人雇用とは

    そのような方にとって、外国人を初めて雇用することは、非常に高いハードルであると言えるでしょう。 外国人を雇用する際、気をつけなければならない点は複数存在しています。まずは、雇用の条件に当てはまる外国人を募集しなければなりません。その際、日本語能力が不自由な外国人のために、外国語のポータルサイトを活用する必要が生じ...

  • 在留資格の基礎知識と取得方法

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留しようとする場合に必要とされる在留の許可」を指す言葉です。外国人を日本で雇用する場合には、在留資格の確認が不可欠であり、場合によっては在留資格の取得、変更が必要となります。以下にて、外国人の在留資...

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を指す言葉です。 外国人が入国資格を得て日本に滞在していた場合でも、不法滞在・不法在留になってしまうケースがあります。例えば、在留資格を取り消された場合や、不法労働を助長する行為をした場合、在留資...

  • 外国人の採用・内定、受け入れに必要な準備 

    まず、採用に向けて行うべきことは「面接」です。言語に配慮しつつ、双方の要望をすり合わせましょう。そして、面接において重要な点は、「雇用条件を明確にしておくこと」です。一般的に雇用契約を結ぶ際も重要なことに変わりはありませんが、特に外国人労働者を雇用する場合は、認識の齟齬が発生しやすいため、とりわけ注意が必要です。...

  • 外国人雇用と労務管理

    「労務管理」とは、企業側の管理業務のうち、従業員を管理する業務を指す言葉です。具体的には、・労働条件の確認、調整・就業規則等の管理・勤怠の管理・給料の支払い上記のような業務が労務管理に該当します。 外国人労働者を雇用する際、上記の労務管理で注意しなければならない点は、主に2点あります。1点目は、「言語に配慮するこ...

  • 離婚の慰謝料請求(不貞行為等)

    離婚事由とは、「婚姻生活を続けるのが困難であると言える重大な理由」を指す言葉であり、主に浮気、不倫などの不貞行為や、DV、モラハラなどが該当します。そのため、調停や裁判に臨む際には、上記のような離婚事由によって被害を受けたということを明らかにする必要があります。 また、慰謝料の相場は、50万円から300万円ほどと...

  • 財産分与のポイント

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築き上げた財産を、離婚の際に分割するという制度です。離婚を目指したいとは思うものの、離婚後の生活が金銭的に不安だと感じられている方は、決して少なくありません。しかし、この「財産分与」は法的に認められた権利であるため、できるだけ金銭的なご不安を取り除いた上で、離婚を目指...

  • 協議離婚・調停離婚・裁判離婚のそれぞれの特徴

    離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」といった種類が存在していることは、既にご説明させていただきました。では、それぞれの離婚方法がどのように異なっていて、どのような注意が必要なのか、以下にて改めてご説明いたします。 まず、「協議離婚」についてご説明いたします。協議離婚は、当事者であるご夫婦が離婚に合意し、...

  • 子どもの養育費・親権

    養育費とは、お子様の成長に欠かせない費用を指す言葉であり、生活費や医療費、教育費などがそれにあたります。このようなお子様の養育費は、親権を取得された親御さんだけでなく、取得されなかった親御さんに対しても支払う義務があるとされています。養育費は、離婚前にどれくらいの額を支払うか取り決めを行っておく必要があります。

  • 遺言の種類と作成方法

    自筆証書遺言とは違い、家庭裁判所の検認は不要で偽造の恐れもありません(公証役場・本人・証人等複数人が遺言書を補完するため)が、証人に遺言内容が知られるうえに自筆証書遺言よりも費用がかかりやすいという難点があります。原本は公証役場で20年保管され、正本と謄本は遺言者に交付されます。また、公証役場に手数料を支払う必要...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産とは

    遺留分とは、相続人となる配偶者や直系卑属、直系尊属に対して遺す、最低限の一定の財産のことです。被相続人の財産の2分の1が遺留分となり、相続人が直系尊属のみで構成される場合は、3分の1が遺留分となります。直系卑属とは、被相続人の子や孫のことを指し、代襲相続人(被相続人の死亡する以前に既に亡くなっている相続人に関して...

  • 遺産分割協議書の作成

    このときの代理人とは、親権者等の法定代理人又は特別代理人(家庭裁判所で選任を受けた者)のことを指します。特別代理人が選任を受ける必要があるケースとしては、未成年者と親権者が共に相続人に該当する場合等が考えられます。 ・印鑑証明を受けた実印を押すこと印鑑証明とは、市区町村役場が、個人が登録した特定の印鑑についての証...

  • 相続財産調査・相続人調査

    一括で相続財産を調査することはできないので、被相続人の遺品(主に通帳や関係書類)を整理してからある程度の目星をつけて、該当しそうな信託銀行や証券会社を調査しましょう。虱潰しに金融機関を回ることは、効率が良くありません。不動産と金融資産は価値が大きいので、できる限り優先して調査しましょう。 加えて、過払金請求権も相...

  • 顧問弁護士の必要性やメリット

    ⬛︎顧問弁護士とは顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んだ弁護士です。顧問契約を締結したお客様は弁護士に定期的に企業法務などについて相談できるようになるとともに必要な時には優先的に対応させることができます。 ⬛︎顧問契約の必要性とメリット顧問契約を締結することで、なんらかのトラブルが発生した時に、弁護士を探す手間が...

  • コンプライアンス・危機管理・不祥事対応

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社の組織を整備することを求めるものです。バブル崩壊後に相次いで発覚した企業の不祥事を受けて、一部企業では法律違反を防ぐ組織の構築が義務化されました。 ⬛︎コンプライアンスの方法コンプライアンスが徹...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した在留資格の決定を受けることが求められます。この在留資格のうち、在留中に日本国内で就労することを許可するものが、いわゆる「就労ビザ」です。ただし、ここでいう「就労ビザ」とは、あくまでも俗称であって...

  • 足立区 企業法務のご相談はお任せください

    ■そもそも企業法務とは「企業法務という言葉は知っているけれど、そもそも実態として何をさす言葉なのか分からない。会社を経営されていらっしゃる方だけではなく、従業員の方も、企業法務という言葉を十分に理解されていらっしゃる方は少ないことでしょう。企業法務には、何か明確な定義があるわけではありません。会社によって、企業法...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言の種類と作成方法

    遺言には、普通方式と特別方式の2種類があります。普通方式による遺言は、さらに3種類に分類できます。 ・自筆証書...

  • 外国人雇用に関する悩みを...

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハ...

  • 日本の永住権を取得するに...

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産には、積極財産(現金や不動産等)と、消極財産(保証債務や借金等)の2種類があります。両者を事前に調査しておかなけ...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

  • 外国人雇用とは

    少子高齢化に伴う深刻な労働力不足に加えて、ビジネスが急速にグローバル化を遂げたことにより、新たな労働力を担う「外国人労働...

  • 外国人雇用と労務管理

    「労務管理」とは、企業側の管理業務のうち、従業員を管理する業務を指す言葉です。具体的には、・労働条件の確認、調整・就業規...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消...

  • 契約交渉・契約書のリーガ...

    ⬛︎契約交渉への立会い・代行契約交渉のサポートや代行は基本的な弁護士業務の一つです。弁護士が契約にどのように携わるかはお...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ