電話相談初回無料

対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

外国人雇用/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 外国人雇用

外国人雇用に関する基礎知識や事例

企業が外国人を雇用する際に注意すべき点は、大きく分けると以下の3つがあります。

●法令の遵守
当然ですが、外国人を雇用する際は、法令の則った条件を満たす必要があります。

外国人の雇用についても、原則、日本人と同様の労働関係法令が適用されます。これに加えて、「出入国管理及び難民認定法」(以下、「入管法」)の在留資格制度や、外国人雇用状況の届出制度なども遵守する必要があります。

外国人の雇用の際は、外国人雇用に関する法令の理解が不可欠であり、企業のコンプライアンスが問われます。法務部を設置する、外国人雇用に関する法令等に精通した弁護士に相談するなどの対応が必要となるでしょう。

●文化の違いに配慮
日本とは異なった文化で生まれ育った外国人にも、ある程度日本の習慣に合わせてもらう必要があります。

しかし、文化の違いに対する配慮を欠いたまま外国人を雇用すると、外国人労働者との間にギャップが生じ、トラブルの原因になりかねません。そのため、外国人を雇用する際は、日本特有の制度や労働条件について、丁寧に説明する必要があります。また、外国の文化を全て否定するのではなく、必要に応じて文化の違いに配慮することが重要でしょう。

●不当な差別は禁止
外国人労働者を最低賃金以下で働かせたり、日本人がやりたがらない過酷な労働環境で働かせたりする企業も少なくありません。しかし、外国人にも日本人と同じ労働関係法令が適用される以上、外国人労働者を不当な労働条件で働かせることはできません。

外国人労働者に対する配慮も必要ですが、その配慮が不当な差別となっていないかを確認する必要があります。

けんめい総合法律事務所は、東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心に外国人雇用に関する様々なご相談を承っております。クライアントの希望に合った「賢明」な解決策を提案できるように一生「懸命」に取り組みます。お困りの際は、当事務所までご連絡下さい。

  • 外国人雇用とは

    少子高齢化に伴う深刻な労働力不足に加えて、ビジネスが急速にグローバル化を遂げたことにより、新たな労働力を担う「外国人労働者」の存在が注目されるようになりました。それに伴い、「労働力不足を解消するため、外国人を新たに雇用し […]

  • 在留資格の基礎知識と取得方法

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留しようとする場合に必要とされる在留の許可」を指す言葉です。外国人を日本で雇用する場合には、在留資格の確 […]

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した在留資格の決定を受けることが求められます。この在留資格のうち、在留中に日本国内で就労することを許可す […]

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消事由となります。つまり外国人の方は、失業した場合、3ヶ月以内に在留資格に対応した職種に再就職できない […]

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を指す言葉です。 外国人が入国資格を得て日本に滞在していた場合でも、不法滞在・不法在留になっ […]

  • 外国人の採用・内定、受け入れに必要な準備 

    雇用の条件に合う外国人が見つかった場合、採用・内定に向けての準備をすることになります。しかし、ここでも注意しなければならない点が複数存在しています。 まず、採用に向けて行うべきことは「面接」です。言語に配慮しつ […]

  • 外国人雇用と労務管理

    「労務管理」とは、企業側の管理業務のうち、従業員を管理する業務を指す言葉です。具体的には、・労働条件の確認、調整・就業規則等の管理・勤怠の管理・給料の支払い上記のような業務が労務管理に該当します。 外国人労働者 […]

  • 外国人雇用に関する悩みを弁護士に相談するメリット

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハードルが高い外国人雇用であっても、負担感を覚えることなく採用に臨んでいただくためには、弁護士にご相談 […]

  • オーバーステイをするとどうなるか

    日本で生活する外国人は、在留資格を取得したうえで、その資格の目的の範囲内(出入国管理及び難民認定法(以下「法」)19条)で活動を行います。この在留資格には有効期限があり、在留資格の更新をしないまま期限が満了し、日本に滞在 […]

  • 日本の永住権を取得するには

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)は、在留目的となる活動をすること、期間制限を条件に付与されるものですが、永住権を獲得すると、このよう […]



当法律事務所が提供する基礎知識

  • 契約交渉・契約書のリーガ...

    ⬛︎契約交渉への立会い・代行契約交渉のサポートや代行は基本的な弁護士業務の一つです。弁護士が契約にどのように携わるかはお...

  • 外国人雇用とは

    少子高齢化に伴う深刻な労働力不足に加えて、ビジネスが急速にグローバル化を遂げたことにより、新たな労働力を担う「外国人労働...

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ・法定相続分一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。この...

  • 遺言の種類と作成方法

    遺言には、普通方式と特別方式の2種類があります。普通方式による遺言は、さらに3種類に分類できます。 ・自筆証書...

  • 日本の永住権を取得するに...

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)...

  • 顧問弁護士の必要性やメリ...

    ⬛︎顧問弁護士とは顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んだ弁護士です。顧問契約を締結したお客様は弁護士に定期的に企業法務な...

  • 相続に関する悩みを弁護士...

    遺産相続は、遺産に不動産や価値のある動産がある場合をはじめとして、非常に遺族間での揉め事が発生しやすい事柄です。加えて、...

  • 婿養子の相続権について

    ■相続の基礎知識人が死亡すると、相続が発生します。相続の際には、故人を「被相続人」、故人の財産を相続する人たちを「相続人...

  • 外国人の採用・内定、受け...

    雇用の条件に合う外国人が見つかった場合、採用・内定に向けての準備をすることになります。しかし、ここでも注意しなければなら...

  • 財産分与のポイント

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築き上げた財産を、離婚の際に分割するという制度です。離婚を目指したいとは思...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号
【TEL】

03-3526-2307

0120-305-293

0120-915-246

【FAX】
03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ