対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続 資格/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続 資格

相続 資格

  • 外国人雇用とは

    次に、外国人への採用面接や手続き等を行ったあとは、外国人の在留資格を確認し、変更しなければならない場合もあります。他にも、労務管理や雇用契約など、考慮しなければならない点は複数存在します。そのため、初めて外国人を雇用する場合は特に、雇用へのハードルが高いと感じられてしまうのです。 このように、外国人を雇用する際に...

  • 在留資格の基礎知識と取得方法

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留しようとする場合に必要とされる在留の許可」を指す言葉です。外国人を日本で雇用する場合には、在留資格の確認が不可欠であり、場合によっては在留資格の取得、変更が必要となります。以下にて、外国人の在留資...

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を指す言葉です。 外国人が入国資格を得て日本に滞在していた場合でも、不法滞在・不法在留になってしまうケースがあります。例えば、在留資格を取り消された場合や、不法労働を助長する行為をした場合、在留資...

  • 外国人の採用・内定、受け入れに必要な準備 

    外国人雇用問題をはじめとして、離婚、相続などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。外国人の採用・内定、受け入れに必要な準備に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 外国人雇用と労務管理

    外国人雇用問題をはじめとして、離婚、相続などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。外国人雇用と労務管理に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 外国人雇用に関する悩みを弁護士に相談するメリット

    外国人雇用問題をはじめとして、離婚、相続などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。外国人雇用に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 離婚の流れ

    離婚問題をはじめとして、相続、雇用問題などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。離婚に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 財産分与のポイント

    離婚問題をはじめとして、相続、雇用問題などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。離婚や財産分与に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 協議離婚・調停離婚・裁判離婚のそれぞれの特徴

    離婚問題をはじめとして、相続、雇用問題などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。離婚に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 子どもの養育費・親権

    離婚問題をはじめとして、相続、雇用問題などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実績があります。東京都千代田区、港区、足立区、江戸川区を中心として、全国にお住まいのご相談者様にお応えしております。離婚や、お子様の養育費・親権に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までご相談ください。

  • 相続に関する悩みを弁護士に相談するメリット

    遺産相続は、遺産に不動産や価値のある動産がある場合をはじめとして、非常に遺族間での揉め事が発生しやすい事柄です。加えて、様々な手続きや法的知識が必要とされるため、話し合いや進捗が滞る事態になることも少なくありません。 このような相続に関する問題は、弁護士に相談することが解決の糸口です。 まず、依頼者の味方となり、...

  • 遺言の種類と作成方法

    この他に事前に必要となる書類については、不動産登記簿謄本、遺言者・相続人・受贈者の戸籍謄本と住民票、不動産の評価証明書等があります。証人に関しては、遺言者の配偶者、直系血族、法定相続人、未成年者の選定が禁止とされています。また、公証人の配偶者や四親等内の親族、公証役場の人物等も証人にはなれません。専門家に証人を依...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産とは

    ・法定相続分一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。このような場合には、法律によって指定された相続人が、定められている相続分をその通りに相続するという相続方法をとります。この、民法に従って決められた相続分のことを、法定相続分といいます。 ・遺留分遺留...

  • 単純承認・限定承認・相続放棄

    積極財産(不動産や預金)も消極財産(借金やローン等の債務)も含めた、全ての財産を相続することです。死亡した被相続人の遺した、相続人には一切関係のない債務であっても、相続人は返済する義務を負うこととなります。積極財産の方が多い場合に推奨される相続方法です。 ・限定承認積極財産よりも消極財産の方が多い場合には、こちら...

  • 遺産分割協議書の作成

    また、あらかじめ銀行や証券会社で被相続人の遺した金額や株数を調べ、専用書類に押印し、受領者を決めておきましょう。 ・相続人全員を特定し、名を連ねること未成年者が相続人の中に存在している場合には、代理人が未成年者の代わりに署名をします。捺印の場合も同様です。このときの代理人とは、親権者等の法定代理人又は特別代理人(...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産には、積極財産(現金や不動産等)と、消極財産(保証債務や借金等)の2種類があります。両者を事前に調査しておかなければ、被相続人の持つ消極財産までもが、知らず知らずのうちに相続人に引き継がれる可能性があるのです。 上記のような事態を防ぐためには、相続財産の入念な調査が不可欠です。 まず、相続財産の調査には、...

  • 相続の流れ

    相続人の死亡によって、相続は開始されます。しかし、相続財産が相続人の手元に来るまでには、複数の段階を踏む必要があります。ここで、手続きの分岐点として、遺言書の存否が挙げられます。遺言書がある場合とない場合とでは、手続きの流れに違いが生じます。 ・遺言書がある場合まず、遺言書の所持者又は発見者が家庭裁判所に検認の...

  • 就労ビザの基礎知識

    外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した在留資格の決定を受けることが求められます。この在留資格のうち、在留中に日本国内で就労することを許可するものが、いわゆる「就労ビザ」です。ただし、ここでいう「就労ビザ」とは、あくまでも俗称であって法律上の査証=ビ...

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消事由となります。つまり外国人の方は、失業した場合、3ヶ月以内に在留資格に対応した職種に再就職できないと、在留資格が取り消され、退去強制(強制送還)の対象となります。したがって、外国人を対象とする...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消...

  • 足立区 企業法務のご相談...

    「コンプライアンス経営を実践していきたいが、何から取り組めばよいのか分からない。」「民法が改正されると聞いたが、現在使用...

  • 協議離婚の証人について知...

    離婚は、当事者の合意の有無によって「協議離婚」と裁判所での手続きを必要とする離婚(調停離婚・裁判離婚など)の2種類に分類...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

  • 財産分与のポイント

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築き上げた財産を、離婚の際に分割するという制度です。離婚を目指したいとは思...

  • 外国人雇用と労務管理

    「労務管理」とは、企業側の管理業務のうち、従業員を管理する業務を指す言葉です。具体的には、・労働条件の確認、調整・就業規...

  • 消費者対応・クレームとは

    ⬛︎消費者問題の難しさ企業は一般の消費者に比べて多くの知識や強い交渉力を持っていることから消費者を保護するために消費者保...

  • オーバーステイをするとど...

    日本で生活する外国人は、在留資格を取得したうえで、その資格の目的の範囲内(出入国管理及び難民認定法(以下「法」)19条)...

  • 遺産分割協議書の作成

    基本的に、遺産分割協議書の書式自体に規則はありません。手書きでもワープロでも認められます。しかし、記載するにあたっての必...

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ・法定相続分一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。この...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ