対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

日本人 配偶者/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 外国人雇用に関するキーワード > 日本人 配偶者

日本人 配偶者

  • 在留特別許可とは

    在留特別許可が下りるか否かを判断する際には、ご本人の違反の内容や家族関係(配偶者と同居の事実があったかどうか等)、生活状況、国際事情などが総合的に考慮されます。そのため、在留特別許可に関する複雑な知識や経験がないと、在留特別許可を得ることは非常に難しいのです。 過去に当事務所にご相談をお寄せいただいた方の中には、...

  • 離婚の流れ

    配偶者と離婚を考えているが、なにから始めたら良いか分からない」「離婚をしたいと思っているので、とりあえず離婚届を提出しようと考えている」このように、離婚に関するお悩みをお持ちの方の中には、離婚に際し、具体的にどのようなことをすればよいのかイメージが湧かないという方が少なくありません。しかし、離婚を成立させる前に...

  • 財産分与のポイント

    そのため、たとえ婚姻生活中に仕事をしておらず、家事のみに注力していた方であっても、家事を担当することで配偶者が仕事に集中できるよう生活を支えていたと言えるため、財産分与が認められることになります。なお、財産分与の対象になる財産は、あくまでも「婚姻生活中に築いたもの」であるため、独身時代の預貯金や住宅などは対象にな...

  • 遺言の種類と作成方法

    証人に関しては、遺言者の配偶者、直系血族、法定相続人、未成年者の選定が禁止とされています。また、公証人の配偶者や四親等内の親族、公証役場の人物等も証人にはなれません。専門家に証人を依頼することが無難です。自筆証書遺言とは違い、家庭裁判所の検認は不要で偽造の恐れもありません(公証役場・本人・証人等複数人が遺言書を補...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産とは

    遺留分とは、相続人となる配偶者や直系卑属、直系尊属に対して遺す、最低限の一定の財産のことです。被相続人の財産の2分の1が遺留分となり、相続人が直系尊属のみで構成される場合は、3分の1が遺留分となります。直系卑属とは、被相続人の子や孫のことを指し、代襲相続人(被相続人の死亡する以前に既に亡くなっている相続人に関して...

  • 就労ビザの基礎知識

    就労が認められないものは、文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在の5種類、就労制限がないものは永住者、日本人配偶者等、永住者の配偶者等、定住者の4種類です。在留資格の範囲を超えて就労するためには、別に資格外活動の許可を受けなければなりません。◼️在留期間在留資格には、在留期間が定められています。在留期間満了後...

  • 強制送還(退去強制)とは

    したがって、外国人を対象とする解雇や退職勧奨は、本人の強制送還に直結し、日本人以上に重大な問題となります。⬛️退去強制手続入国警備官が違法調査を行い、退去強制事由に該当する事実があると疑うに足りる相当な理由がある時は、主任審査官が発する収容令状によって、外国人の身柄を収容します。その後、拘束から48時間以内に外国...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ・法定相続分一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。この...

  • 単純承認・限定承認・相続...

    ・単純承認積極財産(不動産や預金)も消極財産(借金やローン等の債務)も含めた、全ての財産を相続することです。死亡した被相...

  • 離婚の慰謝料請求(不貞行...

    「離婚によって心に深い傷を負ったため、慰謝料を請求したいと考えている」「相手の不倫による離婚の場合、慰謝料を請求すること...

  • 外国人雇用とは

    少子高齢化に伴う深刻な労働力不足に加えて、ビジネスが急速にグローバル化を遂げたことにより、新たな労働力を担う「外国人労働...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産には、積極財産(現金や不動産等)と、消極財産(保証債務や借金等)の2種類があります。両者を事前に調査しておかなけ...

  • 離婚の流れ

    「配偶者と離婚を考えているが、なにから始めたら良いか分からない」「離婚をしたいと思っているので、とりあえず離婚届を提出し...

  • 養育費の相場計算方法

    養育費とは、子どもが経済的、社会的に自立するまで(例えば、大学卒業まで)に必要な、監護や教育のための費用のことです。例え...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • 相続の流れ

    被相続人の死亡によって、相続は開始されます。しかし、相続財産が相続人の手元に来るまでには、複数の段階を踏む必要があります...

  • 外国人雇用に関する悩みを...

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハ...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ