対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続放棄 手続き/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続放棄 手続き

相続放棄 手続き

  • 外国人雇用とは

    次に、外国人への採用面接や手続き等を行ったあとは、外国人の在留資格を確認し、変更しなければならない場合もあります。他にも、労務管理や雇用契約など、考慮しなければならない点は複数存在します。そのため、初めて外国人を雇用する場合は特に、雇用へのハードルが高いと感じられてしまうのです。 このように、外国人を雇用する際に...

  • 離婚の流れ

    しかし、離婚を成立させる前に、考えておかなければならない点や、踏まえておかなければならない話し合い、手続き等はいくつも存在しています。以下にて、離婚を成立させる際の流れについて、ご説明いたします。 はじめに、離婚を実行する際は「協議離婚」を目指すことになります。これは、ご夫婦の両者が離婚に合意し、離婚届に必要事項...

  • 相続に関する悩みを弁護士に相談するメリット

    加えて、様々な手続きや法的知識が必要とされるため、話し合いや進捗が滞る事態になることも少なくありません。 このような相続に関する問題は、弁護士に相談することが解決の糸口です。 まず、依頼者の味方となり、依頼者が極力不利益を被ることがないように手を尽くしてくれるという点です。依頼者の立場に立って共に問題に立ち向かっ...

  • 遺言の種類と作成方法

    家庭裁判所に検認をしてもらうという手続きも忘れずに行いましょう。 ・公正証書遺言公証人に遺言者が依頼して作成します。遺言者が公証役場に赴き、遺言の作成時に2人以上の証人に立ち会ってもらう必要があります。遺言者・証人・公証人それぞれ、署名と実印の押印を求められ、遺言者はさらに印鑑証明書を提出することが必要となります...

  • 単純承認・限定承認・相続放棄

    相続放棄一切の財産(積極財産や消極財産)を相続しないことです。元から相続人ではなかったとみなされ、相続人からは除外されます。よって、相続放棄をした人以外の残った相続人で、財産を配分していくことになります。また、相続放棄をすると、代襲相続(本来相続人となる人物が、被相続人の死亡する以前に亡くなっているときに、その...

  • 相続財産調査・相続人調査

    3か月を過ぎてしまうと、相続放棄といった手続きは取れなくなってしまいます。 次に、相続人を調査するには、相続人の範囲を絞り込んで確定することが一般的です。 まず、被相続人の除籍謄本や戸籍謄本の調査が必須となります。客観的に家族構成や相続人の証明を行うためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類を全て回収し、調...

  • 相続の流れ

    ここで、手続きの分岐点として、遺言書の存否が挙げられます。遺言書がある場合とない場合とでは、手続きの流れに違いが生じます。 ・遺言書がある場合まず、遺言書の所持者又は発見者が家庭裁判所に検認の申立てをします。次に、遺言執行人の指定があるときは、遺言執行人が遺言内容の実行をします。遺言執行人がいない場合は、相続人が...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 弁護士にリーガルチェック...

    リーガルチェックとは、「売買契約書」や「工事請負契約書」等の契約書の内容を、法律の専門家である弁護士等が確認することをい...

  • オーバーステイをするとど...

    日本で生活する外国人は、在留資格を取得したうえで、その資格の目的の範囲内(出入国管理及び難民認定法(以下「法」)19条)...

  • 在留資格の基礎知識と取得...

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留し...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • 協議離婚の証人について知...

    離婚は、当事者の合意の有無によって「協議離婚」と裁判所での手続きを必要とする離婚(調停離婚・裁判離婚など)の2種類に分類...

  • 協議離婚・調停離婚・裁判...

    離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」といった種類が存在していることは、既にご説明させていただきました。では、そ...

  • 消費者対応・クレームとは

    ⬛︎消費者問題の難しさ企業は一般の消費者に比べて多くの知識や強い交渉力を持っていることから消費者を保護するために消費者保...

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を...

  • 遺言の種類と作成方法

    遺言には、普通方式と特別方式の2種類があります。普通方式による遺言は、さらに3種類に分類できます。 ・自筆証書...

  • 外国人雇用に関する悩みを...

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハ...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ