対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続人 調査/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続人 調査

相続人 調査

  • 相続に関する悩みを弁護士に相談するメリット

    また、複雑な法的手続きにも詳しいため、手続きに関する助言や必要書類に関わる調査の代理も行ってもらえるという強みもあります。 このように、弁護士に依頼することで、少しでも納得のいく結論へと近づける可能性があるのです。

  • 遺言の種類と作成方法

    この他に事前に必要となる書類については、不動産登記簿謄本、遺言者・相続人・受贈者の戸籍謄本と住民票、不動産の評価証明書等があります。証人に関しては、遺言者の配偶者、直系血族、法定相続人、未成年者の選定が禁止とされています。また、公証人の配偶者や四親等内の親族、公証役場の人物等も証人にはなれません。専門家に証人を依...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産とは

    一般的には、被相続人の遺言の内容に沿って相続が行われます。しかし、遺言が存在しない場合も当然あり得ます。このような場合には、法律によって指定された相続人が、定められている相続分をその通りに相続するという相続方法をとります。この、民法に従って決められた相続分のことを、法定相続分といいます。 ・遺留分遺留分とは、相続...

  • 単純承認・限定承認・相続放棄

    死亡した被相続人の遺した、相続人には一切関係のない債務であっても、相続人は返済する義務を負うこととなります。積極財産の方が多い場合に推奨される相続方法です。 ・限定承認積極財産よりも消極財産の方が多い場合には、こちらを推奨します。この方法は、相続によって得た積極財産の範囲内で債務の返済を行うというものです。債務の...

  • 遺産分割協議書の作成

    また、あらかじめ銀行や証券会社で被相続人の遺した金額や株数を調べ、専用書類に押印し、受領者を決めておきましょう。 ・相続人全員を特定し、名を連ねること未成年者が相続人の中に存在している場合には、代理人が未成年者の代わりに署名をします。捺印の場合も同様です。このときの代理人とは、親権者等の法定代理人又は特別代理人(...

  • 相続財産調査・相続人調査

    両者を事前に調査しておかなければ、被相続人の持つ消極財産までもが、知らず知らずのうちに相続人に引き継がれる可能性があるのです。 上記のような事態を防ぐためには、相続財産の入念な調査が不可欠です。 まず、相続財産の調査には、戸籍謄本(被相続人の死亡を証明するもの、自身が相続人であることを証明するもの)・遺産や相続財...

  • 相続の流れ

    相続人の死亡によって、相続は開始されます。しかし、相続財産が相続人の手元に来るまでには、複数の段階を踏む必要があります。ここで、手続きの分岐点として、遺言書の存否が挙げられます。遺言書がある場合とない場合とでは、手続きの流れに違いが生じます。 ・遺言書がある場合まず、遺言書の所持者又は発見者が家庭裁判所に検認の...

  • 強制送還(退去強制)とは

    入国警備官が違法調査を行い、退去強制事由に該当する事実があると疑うに足りる相当な理由がある時は、主任審査官が発する収容令状によって、外国人の身柄を収容します。その後、拘束から48時間以内に外国人の身柄は入国審査官に引き渡されます。そして、入国審査官が退去強制対象者に該当すると認定すると、直ちに主任審査官と本人に書...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続に関する悩みを弁護士...

    遺産相続は、遺産に不動産や価値のある動産がある場合をはじめとして、非常に遺族間での揉め事が発生しやすい事柄です。加えて、...

  • 足立区 企業法務のご相談...

    「コンプライアンス経営を実践していきたいが、何から取り組めばよいのか分からない。」「民法が改正されると聞いたが、現在使用...

  • 日本の永住権を取得するに...

    永住権(永住ビザ)とは、外国人が在留期間制限なく日本で暮らすことができる在留資格のことをいいます。通常の在留資格(ビザ)...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • 離婚の流れ

    「配偶者と離婚を考えているが、なにから始めたら良いか分からない」「離婚をしたいと思っているので、とりあえず離婚届を提出し...

  • 子どもの養育費・親権

    離婚をご検討中のご夫婦のうち、お子様をお持ちの方にとって特に気がかりなのが、「お子様の養育費」と「お子様の親権」に関する...

  • 在留資格の基礎知識と取得...

    「在留資格の取得」とは,「我が国に在留することとなる外国人が,その事由が生じた日から引き続き60日を超えて我が国に在留し...

  • 在留特別許可とは

    「在留特別許可」とは、日本に不法滞在・不法在留中の外国人に対し、法務大臣の裁量によって特別に在留資格を与えるという制度を...

  • 外国人雇用に関する悩みを...

    外国人を雇用する際、注意しなければならない点が山積しているという事実を、これまでご説明させていただきました。このようにハ...

  • 顧問弁護士の必要性やメリ...

    ⬛︎顧問弁護士とは顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んだ弁護士です。顧問契約を締結したお客様は弁護士に定期的に企業法務な...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号 TEL 03-3526-2307 / FAX 03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ