電話相談初回無料

対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

労働紛争 裁判/けんめい総合法律事務所

けんめい総合法律事務所 > 企業法務に関するキーワード > 労働紛争 裁判

労働紛争 裁判

  • 離婚の流れ

    その場合は、調停や裁判を経て離婚を目指す必要があります。調停や裁判をお一人で戦うのは、心身ともに多大なご負担を強いられてしまいます。後悔のない離婚を目指すためには、早期の段階で、離婚に強い弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。 けんめい総合法律事務所は、ご相談者様のお悩みに一生懸命に向き合い、賢明な解決...

  • 離婚の慰謝料請求(不貞行為等)

    調停離婚や裁判離婚など、第三者によって客観的に判断される離婚のケースにおいては、主に②のケースについて争われることになります。 ②の「離婚に至る原因に対して慰謝料が支払われるケース」では、その支払いの義務について争われる際、ポイントとなるのが「離婚事由」です。離婚事由とは、「婚姻生活を続けるのが困難であると言える...

  • 協議離婚・調停離婚・裁判離婚のそれぞれの特徴

    離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」といった種類が存在していることは、既にご説明させていただきました。では、それぞれの離婚方法がどのように異なっていて、どのような注意が必要なのか、以下にて改めてご説明いたします。 まず、「協議離婚」についてご説明いたします。協議離婚は、当事者であるご夫婦が離婚に合意し、...

  • 子どもの養育費・親権

    そのような場合、家庭裁判所に「お子様の福祉や利益のためにやむを得ない」と認めてもらうことによって、親権者を変更することが可能になります。 けんめい総合法律事務所は、ご相談者様のお悩みに一生懸命に向き合い、賢明な解決策をご提案いたします。離婚問題をはじめとして、相続、雇用問題などの法律問題全般に対し、豊富な経験と実...

  • 遺言の種類と作成方法

    家庭裁判所に検認をしてもらうという手続きも忘れずに行いましょう。 ・公正証書遺言公証人に遺言者が依頼して作成します。遺言者が公証役場に赴き、遺言の作成時に2人以上の証人に立ち会ってもらう必要があります。遺言者・証人・公証人それぞれ、署名と実印の押印を求められ、遺言者はさらに印鑑証明書を提出することが必要となります...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産とは

    話し合いが上手くいかないときは、家庭裁判所に委ねる形になります。寄与分を除いた財産を法定相続分に従って各相続人に分割していき、寄与が認められた者には、寄与分も相続財産として加えられることになります。寄与分が認定される相続人には、金銭等出資型、家事従事型、療養看護型の3種類が存在しています。金銭等出資型とは、被相続...

  • 単純承認・限定承認・相続放棄

    限定承認と相続放棄を選択した場合については、相続があったことを知った日から何も手続きをせずに3か月放置すると単純承認として処理されるため、注意が必要です。 3か月以内に家庭裁判所に届け出るか、又は家庭裁判所に3か月の期間を伸長するよう申し出ることが求められます。

  • 遺産分割協議書の作成

    このときの代理人とは、親権者等の法定代理人又は特別代理人(家庭裁判所で選任を受けた者)のことを指します。特別代理人が選任を受ける必要があるケースとしては、未成年者と親権者が共に相続人に該当する場合等が考えられます。 ・印鑑証明を受けた実印を押すこと印鑑証明とは、市区町村役場が、個人が登録した特定の印鑑についての証...

  • 相続の流れ

    まず、遺言書の所持者又は発見者が家庭裁判所に検認の申立てをします。次に、遺言執行人の指定があるときは、遺言執行人が遺言内容の実行をします。遺言執行人がいない場合は、相続人が遺言内容の実行をします。また、遺言執行人がいなくとも、遺言執行人を選任して手続きを進めることも可能です。遺言執行人の選任は、家庭裁判所に申立て...

  • コンプライアンス・危機管理・不祥事対応

    不祥事への対応にあたっては、早期の情報収集により事態の全容をできるだけ早く把握すると同時に、今後の裁判や行政機関との折衝も見越した上でトラブル相手方との交渉やマスコミ対応などを行い、会社の信用をできるだけ損ない形で、早期に解決させる必要があります。そのためにはトラブルや不祥事対応に慣れた弁護士のサポートが有用です...

  • 強制送還(退去強制)とは

    不当解雇のほか給料未払いなど労働法違反の待遇を受けた外国人の方は、裁判などを通じて会社に対し損害賠償や職場復帰を求めることができます。裁判に訴える場合はもちろんのこと、裁判に訴えるつもりがない方であっても、弁護士に相談すれば在留資格の取消や強制送還を回避するための解決策が見つかります。会社から解雇されて困っている...

当法律事務所が提供する基礎知識

  • 協議離婚・調停離婚・裁判...

    離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」といった種類が存在していることは、既にご説明させていただきました。では、そ...

  • 離婚が認められる理由

    相手が話し合いで離婚に合意してくれない場合、裁判手続きで離婚をします。離婚が認められる事由が、民法に規定されています。相...

  • 就労ビザの基礎知識

    ⬛️就労ビザとは外国人が、日本に滞在し、活動を行うためには、入国時に、入国審査官から上陸許可と同時に、在留目的に合致した...

  • ハラスメントとは

    職場におけるいじめや嫌がらせをハラスメントといいます。ハラスメントには、性的言動によるセクシュアル・ハラスメント(セクハ...

  • 財産分与のポイント

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築き上げた財産を、離婚の際に分割するという制度です。離婚を目指したいとは思...

  • 外国人労働者の雇用保険

    ■雇用保険について雇用保険とは、労働者が失業した際に必要な給付を行って労働者の生活や雇用の安定を図ること、そして、再就職...

  • 外国人の採用・内定、受け...

    雇用の条件に合う外国人が見つかった場合、採用・内定に向けての準備をすることになります。しかし、ここでも注意しなければなら...

  • コンプライアンス・危機管...

    ⬛︎コンプライアンスとはコンプライアンスとは、「法令遵守」という意味であり、業務が法律に違反しないやり方で行えるよう会社...

  • 父親が親権を獲得するため...

    子どもがいる夫婦が離婚する場合、親権者を定めなければいけません。もっとも、ほとんどの場合、母親が親権者となっています。父...

  • 強制送還(退去強制)とは

    ⬛️失業と在留資格の取消現に有する在留資格に対応する活動を、継続して3ヶ月以上行わないで在留している場合、在留資格の取消...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

岩田弁護士の写真
弁護士
岩田 憲明(いわた のりあき)
所属
第二東京弁護士会
ご挨拶

「弁護士に相談するなんて敷居が高い」と考えている方も多いかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士に相談したことで、問題が長期化・複雑化せずに解決したというケースは多いのです。

相続問題や離婚問題など、一人で悩まずにご相談ください。分かりやすい言葉でご説明させていただきます。

相談料

電話相談料:初回無料

面談相談料:30分5400円(税込)

事務所概要

法律関係のお悩みは、プロの弁護士にご相談ください。 お早めにご相談いただくことによって、スムーズな問題解決が可能となります。

名称 けんめい総合法律事務所
代表者 岩田 憲明(いわた のりあき)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-24神田AKビル8階A号室
電話番号/FAX番号
【TEL】

03-3526-2307

0120-305-293

0120-915-246

【FAX】
03-3526-2308
アクセス
  • 東京メトロ銀座線 神田駅徒歩0分
  • JR神田駅 徒歩3分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅徒歩5分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩7分
  • JR秋葉原駅 徒歩8分
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応可能です)

ページトップへ